産祝いにお金を贈るということは良くある事

でも、実際のところ出産祝いの金額の相場というのはいくらくらいなのか気になりますよね。

お祝い事ですので、金額の大小なんていうのは関係ないとは思いますが、マナーとして一般的にそれ相応の金額というのは設定されています。

また、地域性や関係性によっても違います。地域性の相場の金額は、その土地によって変わりますので一概には言えません。 贈る前に、上司の方や年配の方など、周りの方に聞いてみた方がいいかもしれませんね。下記の表は相場の目安です。

正確に設定されているわけでは有りませんが、一般的にだいたい「5,000〜10,000円前後」というように相場があるみたいです。 金額は贈り先の方のお付き合いの度合いによって上下する時もありますから、周りの方で贈る方がいるのなら、その方と相談して金額を合わせる事をおすすめします。

産祝いのお祝い金にタブーとされることがある

お祝い金封筒に入れる紙幣は、汚れたものや折れ曲がった紙幣は避けて、ピン札(新札)で贈ることがマナーです。 お祝い事なので、「4(死)」とか「9(苦)」という数字はタブーとされています。

「13」というのも忌み嫌われていますね。 4,000円、9,000円、1万3千円などはやめましょう。

個人でわざわざ半端な4千円や9千円を包む人も少ないとは思いますが、連名となるとこういった半端な数字も出てくる可能性がありますから、気をつけましょう。

バナー

メニュー

免責事項

当サイトは基本的にリンクフリーです。当サイトのテキストの無断使用やコンテンツの無断使用などは基本的に禁止していますので、ご了承下さい。

これらの条件が守れる方はお気軽にリンクを貼って下さい。リンクを貼って頂く際は当サイトにはバナーがありませんので、テキストで紹介して頂くようお願い致します。

ページのトップへ戻る